空白の100年に滅ぼされたとある巨大な王国とは?【ワンピース】

エッグヘッド編で、超高度の技術力を誇る王国が800年前の空白の100年に存在しており、今回は空白の100年について考察していきたいと思います。空白の百年とは?空白の百年は世界政府がもみ消した100年間の歴史です。

ある巨大な王国とは?

第395話のクローバーの博士の説明によりその存在が明らかになりました。
世界政府が古代文字の習得・そしてポーネグリフを解読することを禁じている事実があります。
過去にロビンの故郷であるオハラも古代文字の研究により、島ごとバスターコールで滅ぼされてしまいました。

ポーネグリフの内容はどんなことが書いてるの?正体は何?【ワンピース考察】

古代文字とポーネグリフは、とある巨大な王国と空白の百年に大きく関係しております。

当時、世界政府と名乗る連合軍VSとある巨大な王国の戦いがあったと予想されます。
その際に世界政府側が勝利したことで、巨大な王国の歴史を葬られてしまいました。
しかしポーネグリフは破壊不可能な書物であり、過去の歴史を記載しております。
それを読み解くことが出来るのが古代文字なので、世界政府は過去の歴史が暴かれるのを恐れ、古代文字の習得を固く禁じたのだと言われています。

その正体とはいったい何なのか?

巨大な王国の正体

ドーン島、それはワンピースにおいて初期の当時から当時している「ルフィの住む島」
それこそがドーン島だと言われています。
過去にルフィ達の島を刺してドーン島だと示している記事がありました。

では、なぜ巨大な王国の今がドーン島なのでしょうか?
いくつか根拠を並べていきます。
クローバー博士がとある巨大な王国の名前を言おうとした瞬間がありました。
その際に、「ドーン」という銃声によって散る場面がありました。

銃声を特に強調している、そして名前を言おうとした瞬間、ここまで強調して銃声を表すのも不自然ではあります。
その為伏線として銃声で隠されていたのではないでしょうか。

そして、ワンピース第1話「Romance DAWN」、第601話「Romance DAWN for the new world」と言う様に重要な話において「DAWN」という英単語が強調して使われています。

尾田先生によると、初期から最終回への道筋は出来ていたことから、このDAWNにも強い意味があるのだと考えられます。

そしてDAWNの意味である「夜明け」は太陽が現れるタイミングを意味しており、直近においてルフィが「太陽の神ニカ」として覚醒したことも考えると、重要な意味が隠されているのではないかと考えます。

他にもペドロのセリフとして「われら一族と、光月家が待ち続けた、世界を夜明けに導く者たちだ」と言う様に、空白の100年において活動していた者たちが「夜明け」を求めていたことが分かります。

ジョイボーイに仲間がいた?800年前の罪とは【ワンピース】

これらのことから、ルフィの故郷である「ドーン島」は「新たな時代を迎える=夜明け」の舞台として描かれているのではないでしょうか。

ルフィが太陽の神として、大海賊時代を超えて、新たな夜明けとして時代を切り開くことが、物語の終着点なのだとも予想できます。

【ワンピース考察】太陽の神ニカとは?ゴムゴムの実はヒトヒトの実だった!ルフィはジョイボーイなのか!

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG