海運王ウミットがベガパンクと関わっている?エッグヘッドの建築、ボニーの治療やくまのサイボーグ化の研究【ワンピース1100話ネタバレ考察】

こんにちは、今回はワンピース1100話において、エッグヘッドに海運王であるウミットが関わっているような描写がありましたので、そもそもウミットは誰なのか、Dr.ベガパンクとのかかわりについて考察していきたいと思います。

↓1100話のネタバレ考察はこちらからご覧ください。

海運王ウミットって誰?

ウミットは、『ワンピース』の中で「海運王」として知られる人物です。彼はビッグ・マムのお茶会に招かれたゲストの一人として初登場しました。
この登場シーンだけで、彼の重要性が示唆されています。ウミットは、大きな帽子と特徴的なヒゲを持つ、風格ある外見の持ち主です。彼の外見は、彼の地位と役割を象徴していると言えるでしょう。

『ワンピース』の世界では、海運業が重要な役割を果たしています。
ウミットはこの海運業を通じて、裏社会の物流を支えるキーパーソンとして描かれています。彼の「海運王」という異名は、彼が海上輸送において非常に大きな影響力を持っていることを示しています。ウミットのようなキャラクターは、『ワンピース』の物語において、裏社会の複雑さと広がりを示す上で重要な役割を果たしています。

海運王ウミットの船がエッグヘッドへ上陸?Dr.ベガパンクとの関係とは?世界政府とも関りが?

1100話、エッグヘッドに「UMIT CARGO SHIP」つまりウミットの貨物船、と呼ばれる船が上陸していきました。
貨物と言われるだけあって大量の資材やら荷物を載せてエッグヘッドに上陸します。

そもそもベガパンクはこの起きあくまで政府の中の科学者であり、その科学者が裏世界の住人から資材を運んでもらっていたという描写がここで明らかになりました。

つまり、世界政府は裏世界の住人とも関係があり、ウミットは資材や何かしらの物資を得る為の関係を持っているのだと思われます。

では、ウミットから何を手に入れたのでしょうか?

当時、ベガパンクは、バーソロミュー・くまのサイボーグ化とボニーの青玉鱗の治療の為に膨大な資源と財産を使っているはずであり、その研究に必要な物質や原料・化学物質など様々な物資を輸送していたのだと考えられます。

もちろんエッグヘッドを建築中である仲なので、建築物資も同様に多く手に入れているとも考えられます。

まとめ「海運王ウミットがベガパンクと関わっている?エッグヘッドの建築、ボニーの治療やくまのサイボーグ化の研究」【ワンピース1100話ネタバレ考察】

『ワンピース』1100話におけるウミットの重要性と、彼がエッグヘッド島とDr.ベガパンクとの関係について考察しています。ウミットは「海運王」として知られ、裏社会の物流を支える重要なキャラクターです。彼の登場は、『ワンピース』の物語において裏社会の複雑さを示す上で重要な役割を果たしています。特に1100話では、ウミットの貨物船がエッグヘッドに上陸し、世界政府と裏世界の関係が明らかになりました。このエピソードは、ベガパンクの研究と建築物資の輸送に関連していることが示唆されています。

他にもワンピースの考察や最新情報をまとめておりますので是非ご覧ください!

引用:ワンピース・尾田栄一郎

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG