ワンピース 1057話 ネタバレ考察:ワノ国編最終話!ヤマト・モモの助・錦えもんらとの別れ、そして三船長の出向

ワンピース 1057話 ネタバレ「終幕」

こんにちは、今回はワノ国編の最終回である1057話について初会していきます、最終回からエッグヘッド編までの展開を見ていきたい方はこちらからご覧ください!

ワノ国編あらすじ

ワノ国編は、『ワンピース』の中でも特に日本の文化や歴史に影響を受けた章です。
ワノ国は、日本の江戸時代を彷彿とさせる独自の文化と伝統を持つ国で、侍や忍者が存在し、独自の政治体系を持っています。この国は、海賊四皇の一人であるカイドウと彼の率いる百獣海賊団によって支配されており、国民は圧政に苦しんでいます。

ワノ国編では、ルフィとその仲間たちがワノ国の民を救うために、カイドウとその部下たちに立ち向かいます。
その中で、他の最悪の世代である、トラファルガーローやユースタスキッドなどのメンバーや、他のワノ国の錦えもんなどのワノ国の侍らと協力し、打倒カイドウを目指し戦います。

激戦ののち、一度はルフィは敗北、そして死亡したと思われ、その後に太陽の神ニカとしてゴムゴムの実が覚醒し、再度カイドウに追撃をかけ見事勝利、そしてワノ国を解放することに成功しました。

ルフィはカイドウ戦で死亡!ニカの覚醒の条件は「死」?【ワンピース考察】

ワンピース 1057話 ネタバレ「終幕(しゅうまく)」

ワノ国からの出向!ヤマト・モモの助・錦えもんらとの別れ

まずは、兎丼の常影港への森、そこではルフィ達の元へ向かうヤマト・絹えもん・モモの助の姿がありました。

まずはヤマトは麦わらの一味についていったり、そもそも海にも出ないという衝撃的な発言から始まります。
ヤマトといえば四皇カイドウの息子?であり、当時は10人目の麦わらの一味の仲間になる!とまで言われていたほどのキャラクターであり、ヤマトも就いていくのではと思われていました。

しかしヤマトは、かつておでんが行ったワノ国の漫遊から始め、世間を知った後に自分からその道に進むといったことを決めていました。
そしてヤマトもこの行動を辿ろうという事で、すぐにはついてかないことを決めたようです。
逆に言えば今後ワノ国の漫遊を終えたら外に出ることは確実だと思われるので、今後再度ヤマトが登場して仲間になるのかもしれませんね!

ヤマトが麦わらの一味の10人目に仲間にならなかった理由は?

そして一方モモの助は、別れ話はまったくされずルフィが外に出てしまうということで必死にルフィ達の元へ向かいます。

ルフィと桃の助も、最初はお互い喧嘩ばかりではある中、ルフィは海賊王、モモの助はワノ国将軍を目指すと言い、根本は上を目指す姿勢なども似ていました。
ピンチに陥ったときには、カイドウを倒したいというモモの助の願いに対して、手を組もう同盟だと答えるルフィ。
そしてさらなるピンチに陥ったときには、友達だから必ず助けに行く、生き延びろ、と励ましました。

そんなピンチを繰り返す中モモの助自身も成長していきました。

カイドウにボロボロにされ、名前を聞かれたモモの助は、「光月モモの助、ワノ国将軍になる男」だと、カイドウの前に宣言できるほど強くなりました。
そして鬼ヶ島が落下しようとするピンチには竜の力を使って島を止めました。
そしてルフィはカイドウに勝つと宣言し、実際に勝ってきました。

そんな仲良しとは言えないが深い絆がルフィとモモの助にはあると思っているので、モモの助はルフィの事をひどい男だと見損なった、そして錦えもんも同じ考えも持っており、ルフィの元へ共に向かうのでした。

錦エ門は、モモの助はワノ国の将軍であり、ルフィの言葉次第では切り捨ててもやむなし、そしてモモの助も起こりながら向かうのでした。
ヤマトはそんな起こる二人に対してあわてながらついていきます。

そして常影港、ルフィ・ロー・キッドがそれぞれ出向に向けて準備を進めます。

そんなところにモモの助らが到着し、そして起こりながらルフィを取り押さえます。

モモの助はまだ子供、行かないでくれさみしいと泣きながらルフィらの出向を止めようとします、彼らが来てくれたから生きてこられ、さらに父母の仇を打てた、そんな様々な気持ちが溢れてしまいます。
そんなモモの助に対してルフィは、弟みたいに思っているとその気持ちを伝え、「辛いときは冒険の海を思い出せ、これをワノ国で掲げろ」と伝えながらワノ国にやばい奴が現れたらこの麦わらの一味の旗を掲げることで、仲間として守る宣言をしました。
海賊旗をその国に置くという事は、縄張りとしてその国に手を出したらその海賊団を敵に回すのと同義になります。
そんな仲間としての証をワノ国に残すのでした。

そして、錦えもん、大和らとも笑顔で別れ、そして出向していきました。

最後にモモの助は光月おでんを超えると宣言し別れました。

三船長「ルフィ・ロー・キッド」の出向

そしてルフィ・ロー・キッドも張り合いながら次の目的地にむけて危険な道を張り合いながら出航していきました。

そんな一連のワノ国解放までの流れは、ワノ国の公園として、日和が演じる舞台の公演として語り継がれ、そして終幕となります。
ルフィの出航と、この演劇はおそらく時間差があると思われます、今後もこのワノ国では平和に向けて戦った数々の伝説が語られ、後世にも引き継がれていくのでしょうか!

ワンピース 1057話 ネタバレまとめ

「ワンピース 1057」は、新たな航海の始まりを告げるエピソードです。
最終話ではヤマト・モモの助・錦えもんなどのワノ国メンバーとの別れ、そして新たな旅立ちまでが描かれた話でした。
仲間が増える事は今回なかったのですが今後それぞれが成長し何かしら関わる可能性もあり楽しみですね!
ワノ国編の終わりは、新しい物語の始まりを意味し、次につながるエッグヘッド編についても紹介しておりますので是非ご覧ください!

以上が「ワンピース 10話 ネタバレ」についての私の深読み考察です。この記事がワンピースファンの皆さんにとって、新たな視点や考察の参考になれば幸いです。

↓次回1058話(新章エッグヘッド編)のネタバレ

 

引用:ワンピース・尾田栄一郎

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG