冥王シルバーズレイリーの「覇王色の覇気」が最強すぎる!黒ひげがビビった理由は?【アニメワンピース1088話ネタバレ】

「ワンピース」1059話では、冥王レイリーの再登場が描かれ、彼の存在感と影響力が改めて強調されました。
特に、黒ひげがハンコックを捉えてるときに、レイリーが覇王色の覇気を纏っての登場は圧倒的な強者感満載で、かっこよすぎました。
かつての最強の海賊ゴール・D・ロジャーに次ぐ二番手である冥王レイリーの強さ、そして黒ひげが異常にレイリーに対して怯えてたのはなぜでしょうか?
この記事では、レイリーの再登場の背景、彼の行動の意味、そして黒ひげがレイリーに恐れを抱いた理由について深く掘り下げていきます。

冥王シルバーズ・レイリー、覇王色の覇気が最強すぎる!圧倒的強者ロジャー海賊団No.2の実力は!

ハンコックが黒ひげのクローズに捕まる直前、彼女は部下たちを石に変え、黒ひげに対して強い姿勢を見せます。
石化の能力はメロメロの実の能力者であるハンコックでしか解くことが出来ず、仮に黒ひげに悪魔の実の能力を取られたとしても、この石化は解けないとハンコックは言っていたことから、人質としてはかなり強力な状況となっていました。
しかし、黒ひげは彼女を殺そうと決意し、石化されている部下たちを犠牲にすることに躊躇いませんでした。
そしてこの緊迫した状況の中、レイリーが現れます。彼はハンコックを助けるために現れ、黒ひげに対して圧倒的な覇王色の覇気を纏い、そして剣を抜き、争いの中断を呼びかけます。

覇王色の覇気を纏いながら歩き、黒ひげの前へと歩いていきます。

そして剣を抜こうとすると、その覇王色の覇気はより強大になっていきます。

武器を抜くことでより覇王色の覇気が強まっていき、攻撃の意思が徐々に強まっていってるようです。
さすがの黒ひげもこのレイリーには怯えてしまい、明らかに黒ひげはレイリーの言う事を聞くしかないような表情になっていました。

剣を抜くことでさらに強力な覇王色のはきっをばらまき、一部の海軍を覇王色の覇気だけで気絶させていました。
黒ひげとコビーは怯え、一部海兵は倒れておりましたが、海軍が絶滅と言うほどの威力ではありません。

ジャンクスの覇気は劇場版ワンピースFilm Redにおいて、海軍中将の一部も気絶させるほどの威力と圧倒的な広範囲への攻撃をしていました。
そして過去に頂上戦争時はコビーも気絶させていました。

今回のレイリーがコビーを狙いから外していたり、威力を抑えていた可能性もありますが、少なくともシャンクスより覇王色の覇気は現状抑えられているように見えました。
しかし、覇王色の覇気は威力を調整することも可能であり、剣を抜いた瞬間に気絶させていたことから、まだ上の段階の威力を残しているかもしれません。

今後レイリーが本気で戦うのが楽しみですね。

シャンクスが神避(カムサリ)を!ロジャーの技を継承か!

レイリーがハンコックを助けた理由は?「シャッキー」の正体はアマゾンリリーの過去の女王?

レイリーがハンコックを助けに来た背景には、世界新聞での七武海の撤廃のニュースが関係していると考えられます。
彼は何かしらの情報源から、ハンコックが危険にさらされていることを察知し、助けに来たのです。
なぜハンコックを助けるのか、それは過去にルフィと共にアマゾンリリー(女ケ島)にて修業をしていたこともあるように、この地の住人とは何かしらの関りがあります、その一番の要因はおそらくシャッキーの正体がアマゾンリリーの出身であることからだと考えられます、シャクヤクは元九蛇海賊団船長であり、先々代のアマゾンリリーの皇帝でした。

そのことから、かつてレイリーとシャクヤクのかかわりが深く、もしかしたら恋仲であり、深いかかわりがあったため、その故郷の住民とも関りがあったのだと推測できます。

黒ひげがレイリーに恐れを抱いた理由

そして一方、黒ひげが異常にレイリーに対して怯えたような描写がありました。

レイリーの突然の登場に、黒ひげは驚愕の表情を浮かべました。これは、ロジャー海賊団と白ひげ海賊団の激突の際、レイリーと黒ひげが直接対峙したことがあると考えられます。
黒ひげにとって、レイリーは全盛期の最強の存在であり、若い時期に刻まれた記憶が彼を怖がらせている可能性があります。

一方、頂上戦争において、黒ひげは白ひげに対して全く怯えておらず、敵対しておりました。
レイリーと白髭はどちらも年老いて弱体化しているはずの存在であるはずなのですが、なぜかレイリーにだけ怯えていました。
それは白髭とはともに同じ海賊団として黒ひげと航海していた中、病気と老化によって徐々に弱っていく白髭の事を見ていました。
そのことから白髭はすでに勝てる存在だと理解していたことから怯えず、対してレイリーはかつての最強の敵としての印象がまだ残っており、絶望の表情をみせたのでしょう。

それほどレイリーの覇気はかつての全盛期を思い出すような覇気や佇まいでもあったのかもしれませんね。

赤犬がシャンクスにビビった理由は?四皇の恐ろしさ、真の関係とは?【ワンピース考察】

まとめ 冥王シルバーズレイリーの「覇王色の覇気」が最強すぎる!黒ひげがビビった理由は?【アニメワンピース1088話ネタバレ】

「ワンピース」1059話で、冥王レイリーの再登場が描かれ、彼の圧倒的な強さと影響力が強調されました。
特に、覇王色の覇気を纏いながらの登場は、ロジャー海賊団No.2の実力を見せつけるものでした。
ハンコックを助けるために現れたレイリーは、黒ひげに対して圧倒的な覇気を放ち、海軍を気絶させるほどの力を見せました。
黒ひげがレイリーに怯えた理由は、彼の過去の記憶に基づくもので、レイリーの全盛期の強さが影響していると考えられます。

他にもワンピースの考察や最新情報をまとめておりますので是非ご覧ください!

引用:ワンピース・尾田栄一郎

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG