【ワンピース1100話ネタバレ考察】ありがとうボニー、青玉鱗治療、そして王下七武海バーソロミュー・くまの誕生、サイボーグ化と思考・自我の消失、サターン聖との取引とは

こんにちは、今回はワンピース1100話において、くまの過去の全容が明らかになりました。
なぜくまはサイボーグ化してしまったのか、ボニーはどのように治療されたのか、人質とされたボニーの理由とは?そんな悲しいバーソロミュー・くまの過去について見ていきましょう。

↓前話1099話のネタバレ考察はこちらからご覧ください。

ワンピース 1099話 ネタバレ考察:暴君くまの誕生・ボニーの青玉鱗の治療はDr.ベガパンクが?バッカニア族の血を使った平和主義者(パシフィスタ)の発明の経緯判明!

海軍大将「黄猿」、「X・ドレーク」のエッグヘッドへの来訪

前話1099話でDr.ベガパンクとバーソロミュー・くまは、ボニーの治療の為の取引を行い、お互いが満足する条件で治療の約束をすることが出来ました。
ボニーの治療には莫大な時間と資金がかかるのですが、それの代わりにくまはバッカニア族の血を「平和主義者(パシフィスタ)」の製造のために使わしてもらうという約束を取り付けました。

しかしそんな会話を監視する政府のデンデン虫が・・・。

その後、政府から海軍大将黄猿やXドレークなどが来訪し、ベガパンクの様子を確認しに来ました。

そこではベガパンクはかつてのパンクハザードから移動したエッグヘッドにて研究を進めていました。

ベガパンクのエッグヘッドへの移動とシーザーの伏線回収!警備が手薄になったエッグヘッドへくまが潜入、ボニーの病気の治療へ!【ワンピース1099話ネタバレ考察】

ベガパンクはそこに人類の未来を再現するつもりだと、そのノミノミの実の能力を元に湧き出る無限のアイデアを忙しそうに処理しながら自身の夢を語ります。
しかしそんな中黄猿は、この研究所を知らなかった、こっそり海賊と交渉はまずいのだと注意します。
黄猿はあくまで海軍としての立場で会話します、その後ろには監視用の映像デンデン。

つまりこの黄猿とベガパンクの会話は監視されている為、政府の立場である黄猿は発言に気を付けているようでした。

そんな黄猿に対して「だまれそういうとこじゃぞボルサリーノ、お前のそういうところが嫌いじゃ!!」と起こります。

黄猿もこれが本職なんだから勘弁してくれと、困ったような発言をしました。
この会話から黄猿とベガパンクの仲は過去からもあり、立場としては今のくまとベガパンクを止めることに対しては二人ともあまり納得いっていないような反応ですね。

 

ワンピース1110話ネタバレ考察 パシフィスタ製造に黄猿とドレークが関わってる?エッグヘッドの過去!ちょい見せ速報

五老星「ジェイガルシア・サターン聖」とDr.ベガパンク、バーソロミュー・くまの交渉

そんな中、五老星であるジェイガルシア・サターン聖も会話に入ってきます。
ベガパンクに対して、バーソロミュー・くまはクローン兵の素体として優れていてお、懸賞金2億9千600万の海賊であり、そんな男のクローン兵を持つことは海軍としては面目が立たない
そこで、くまに対して追加条件を突きつけました。

①バーソロミュー・くまが海賊として「王下七武海」に加入する

当時エースがルーキーの時に七武海の一角を落としたという事で、後任を探していました。
くまほどの実力のある人物が七武海になれば海軍としての戦力は申し分ありません。

②海軍の人間兵器として改造手術を受ける事

七武海としてもバッカニア族の巨体とその力は大きな戦力になる為、くまも七武海の加入をしながら海賊手術を受けることを追加で条件付けられます。

そんな会話に黄猿も海軍としては助かるというが、ベガパンクはそんな発言に黙れと怒ります。

③「思考」と「自我」の一切の消失

海軍としては過去に革命軍だったくまを世界政府の内部に取り入れるのはリスクがあります、そのためクマに対して自我と思考をすべて捨てるという条件を突きつけました。

ベガパンクもこの条件が意味することは、体をサイボーグとし、そして思考・自我の消失をさせる、ということは死を意味するという事だと理解し、ベガパンクにくまを殺せという命令ということで、サターン聖に対して怒りをぶつけます。
七武海は海軍の言う事を聞きっぱなしにならない現状もあり、改造人間として意思を持たない命令を聞くだけの兵器を求めていたのでした。

そんな条件をくまに対して突きつけたサターン聖は、この条件でないと小娘一人助ける義理はないと突きつけます。

ベガパンクはそんなサターン聖の命令を退ける為に、必死にくまを止めようとしました。
しかしくまの考えは違いました。

ボニーの治療の希望、くまの改造人間化の決意

くまは、笑顔でボニーの病気が治るのなら、どんな運命でも乗り越えられるのだと、泣きながら伝えます。

そんなくまの決断に、ベガパンクも涙し、黄猿も動揺を隠せません。

しかしサターン聖はさらなる条件を突きつけます。

ベガパンクに対して改造と治療までの期間を訪ねます。

・青玉鱗の手術には半年、1年で外に出れるようになるので、合計1年半

・くまの改造は最低2年

と言う期間を伝えました。
くまは10歳まで生きれないと思っていたボニーの治療が間に合う事に安堵し喜びます。

サターン聖はさらに続けて発言をします。

「お前の娘は人質のようなもの、元気になってしまえばいう事を聞く必要がなくなる」

「念のため手術後の娘の身柄を世界政府が預かる、そしてくまが自我を失ったときにボニーに自由を与えよう」

つまり、ボニーが元気に外に出れる頃にはくまには自我と思考が全くなく、サイボーグとして会う事しかできないという事です。
そんな交渉に対してベガパンクは激怒します。

しかしサターン聖は全く譲歩はしません、仮に七武海として海に君臨しながら、術後に娘のボニーと接触を行ったり闘争を行った場合、娘は奴隷に落とすと脅します。
つまりかつてのくまやジニーの様に天竜人の奴隷としての人生をボニーに送らせると脅します。

くまはその脅しがあれば何も言えません。
絶対に合わないと約束する中、一つ頼みをしました。

ボニーに対して病気や人質の事は伝えないこと、そしてボニーは施術の後にソルベ王国の教会で養生させてほしいと、そうすればくまは娘に会わず言いなりになるという約束を取り付けます。

サターン聖も監視がいれば同じだとこの取引は終了しました。

ボニーの治療、くまと過ごす最後の日常

そして、ボニーの治療とくまの改造が開始します。
くまはボニーに対して自分も病気だから一緒に治療しようと伝え、エッグヘッド内で治療を受けます。

そこにはベガパンクと戦桃丸もおり、一緒に遊びながら治療の日々をはんとしかんくりかえしていきます。

ベガパンクもその頭に思い付くパシフィスタのアイデアを次つっぎとおもいつき、次々と計画を進めていきました。
「私が5人いれば」そんなあふれ出るアイデアの処理を迷いながら、後のサテライト設計に繋がるような発言がありました。

そしてベガパンク、戦桃丸、ボニー、バーソロミュー・くま、黄猿は笑顔で一緒に大量のピザを食べながら、ドンドットットと、解放のドラム・ニカの音楽の中で一緒に踊りながら飲んで食べて楽しく過ごしていました。

そして半年後・・・

ついにボニーの病気も完治に向かっていき、ベガパンクもあと一年すれば治ると安心しました。

ボニーもまた治ったら来てもいいかとベガパンクと約束をし、ソルベ王国へと帰っていきます。

ボニーのソルベ王国での生活

ソルベ王国に帰ったボニーは、あと1年で病気が治って一緒に生活できるのだと嬉しそうに報告します。
ソルベ王国のコニー王太后も喜んでボニーとの生活をすると言います。

くまは改造手術を受けるのを隠し、1年以上帰れないだろうとボニーに伝えながら離れていきます。

ボニーはくまに「旅行にもいっぱい行きたい」と伝え

くまは「ああ、どこへでも連れていき「たかった」」

とまるで、もう連れていけない、本当は連れていけたかったという言葉が出てしまいます。

CP(サイファーポール)8の諜報部員の到着、アルファはカリファの親族?

そんなボニーとくまの元に、看護師のアルファとして、CP8の政府の役人がボニーの元にやってきます。

そしてくまに対して子供の首なんて簡単に壊せるのだと宣言し、ボニーに接触しない様に脅します。

くまはボニーに対して「生まれてきてくれてありがとう」と伝え、暴君と呼ばれる海賊として旅立っていきました。

そして指令に従順なバーソロミュー・くまの王下七武海への加盟は世界の海賊たちを振るえさせ、各地の七武海やコビー、白髭海賊団、ジンベエ、エース、黒ひげたちもその新たなる七武海の誕生に興味津々でした。
革命軍であるドラゴンやサボたちもこの加入には衝撃を受け、くまはそんな中愛するボニーに対して海の上から七武海としての日々を手紙に書きながら、「一緒に行きたい場所をたくさん見つけておく」と伝え、ルフィの住む「東の海」へとくまの海賊船は進んでいきました。

そんなくまの海賊船の海賊旗にはかつてボニーの書いてくれたくまの似顔絵が・・・
そして船の横にはくまの耳、愛するボニーを船に掲げながらくまの王下七武海としての航海は続きます。

まとめ「ありがとうボニー、青玉鱗治療、そして王下七武海バーソロミュー・くまの誕生、サイボーグ化と思考・自我の消失、サターン聖との取引とは」【ワンピース1100話ネタバレ考察】

ワンピース1100話では、バーソロミュー・くまの悲しい過去が明らかになりました。
くまはボニーの治療のためにサイボーグ化され、自我と思考を失うことを条件にされます。
ベガパンクとの交渉、海軍大将黄猿やXドレークの来訪、そして五老星ジェイガルシア・サターン聖との厳しい条件交渉が描かれます。
くまはボニーの治療のために自らの運命を受け入れ、七武海に加入し、サイボーグ化される決意をします。この過程で、くまとボニー、ベガパンクの間の深い絆が描かれ、くまの愛情深い決断が描かれました。

くまとボニーの衝撃的な過去が明らかになった今、今後サイボーグとなってしまったくまとボニーに幸せは訪れるのでしょうか。

↓1101話ネタバレはこちら

他にもワンピースの考察や最新情報をまとめておりますので是非ご覧ください!

引用:ワンピース・尾田栄一郎

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG