五老星って何者?世界政府最高権力者の天竜人?惑星の名前?空白の100年から生きている不老不死?【ワンピース考察】

今回はワンピース内に存在する人物の中で、最も高い権力を持つと言われる五老星について、どの様な人物なのか、名前やその強さ、そしてかつての空白の100年とのかかわりについて考察していきたいと思います。

五老星って何者?どんな人物?政府の最高権力者?

五老星は、尾田栄一郎先生による漫画作品『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する人物です。
彼らは、世界政府の最高権力者であり、天竜人の最高位に位置する5人の世界貴族を指します。
五老星のメンバーは、それぞれ異なる役職の大臣を担っており、歴史的人物をモチーフとした特徴的な外見や行動が描かれています。

そして五老星は今までは登場も少なく、関わった物事は中々上手くいっていないことから、無能で権力だけの人物だと思われていました。
しかしエッグヘッド編以降、その権力と大臣としての立場と知識、さらには、その武神という圧倒的強さを持っているような描写が描かれました。
また、エッグヘッド編ではジェイガルシアサターン聖の暴挙とその強さが描かれ、圧倒的悪役として存在感が強くなってきました。
それぞれが悪魔の実の能力者であることも示唆されており、その強さが今後さらに見えてきそうです。

五老星は、物語の中で重要な役割を担っており、世界政府の方針を決定する重要な合議体であるとされています。彼らは、マリージョアのパンゲア城内の「権力の間」で、重要事項の方針を決定しています。

また、五老星は不老不死についての説もあり、その正体については多くの推測が存在します。一部では彼らが「800年前に世界政府を発足させた20人の王」である可能性が指摘されています。

さらに、イム様との関係に関しても謎が多く、五老星はイム様に対してへりくだる態度を見せており、五老星を束ねる人物も存在していることが明らかになりました。

ワンピース 1086話 ネタバレ考察:イム様と五老星の野望、ルルシア王国に放たれるマザーフレイムとは、五老星の本名判明、神の騎士団のトップのフィガーランド・ガーリング聖はシャンクスの父親?

彼らは、世界政府の最高権力者として、加盟国の仲介役を担い、法律を制定し、世界会議を通じて意見の交換を行います。加盟国間の対立を調停し、世界の平和を守る役割を持っています。しかし、法律を破る者やイムが消去を命じた者に対しては、地図上から消すような冷徹な判断も下します。

例えば、ルルシア王国に逃げていたと思われるサボが、世界政府によって報告を傍受されてしまい、その後ルルシア王国ごとイム様の指示によって島ごと地図から抹消されてしまいます。

サボが死亡確定?イム様に島ごと消されてしまったのか

五老星の名前は?

各五老星の名前は、宇宙の惑星に由来しており、彼らにはそれぞれ異なる役割が割り当てられています。

  1. イーザンバロン・V・ナス寿郎聖(財務武神): 丸眼鏡をかけた老人で、大太刀を手に持ち、和の要素が取り入れられた服装をしています。彼は五老星の中でも特に年長と推測されており、財政や経済の分野を担当しています。
  2. トップマン・ウォーキュリー聖(法務武神): 法務関連を担当し、エニエス・ロビーとインペルダウンを管轄していると考えられます。白い大きなひげと頭部のシミのような痕が特徴的です。
  3. マーカス・マーズ聖(環境武神): 白い長髪と長く伸びた髭が特徴で、板垣退助がモデルとなっています。
  4. シェパード・十・ピーター聖(農務武神): 農業関連の事項を担当し、エイブラハム・リンカーンをモデルとしています。
  5. ジェイガルシア・サターン聖(科学武神):ドイツの経済学者である、カール・マルクスがモデルとなっています。

五老星のモチーフとなった歴史上の人物には、アメリカ合衆国の大統領エイブラハム・リンカーン、日本の政治家板垣退助、インド独立の父マハトマ・ガンジー、経済学者・哲学者カール・マルクス、ロシアの政治家ミハイル・ゴルバチョフなどがいます

【ワンピース】五老星のモデル・元ネタは誰?

五老星は空白の100年から生きている不老不死の存在?

そんな五老星ですが、空白の100年の事実を知っている、あるいは、その当時から生きている可能性があります。

五老星と空百ノ100年の関連性としては、彼らが「ある巨大な王国」の名前を知っていること、そして空白の100年に何があったのかを知っており、さらにはポーネグリフの存在理由がかつての歴史の中、当時の世界政府となる前の組織が対立していた相手が作った破壊できないメッセージである事を知っており、特にイム様が当時の事を実体験の様に語っていたことから、最低でもイム様は当時から生きていると思われ、その下につく五老星もまた、当時から生きているのだと考えられます。

また、この説にはもう一つより可能性を上げる要素があります。

それは五老星がオペオペの実の不老手術を受けた不老の存在だと思われることがあります、仮に不老であるとするならは、空白の100年から生きている可能性が高くなるということです。

1103話にて五老星であるサターン聖が不老であると思われるような描写が描かれました。

このことから五老星は不老であり、800年前の当時の権力者の時から長く生き続けてるのではないでしょうか?

五老星の不老手術確定!サターン聖がボニーの悪魔の実(トシトシの実)の能力が効かない?【ワンピース1103話ネタバレ考察】

五老星って何者?世界政府最高権力者の天竜人?空白の100年から生きている不老不死?【ワンピース考察】

『ONE PIECE』の五老星は、世界政府の最高権力者で、天竜人の最上位に位置する5人の世界貴族です。
彼らは政治や経済、環境など異なる分野を担当し、重要な政策を決定します。歴史的人物をモチーフにした特徴的な外見と行動が特徴です。
エッグヘッド編での彼らの強さの描写や、イム様との関係は謎に満ちています。
また、五老星は空白の100年から生きている不老不死の存在である可能性があり、彼らの正体や真の目的について今後明らかになるのが楽しみですね!

ワンピース 1085話 ネタバレ考察:コブラ王死亡確定、五老星とイム様との対面が示す衝撃の真実、Dの一族、イム様の正体とは

他にもワンピースの考察や最新情報をまとめておりますので是非ご覧ください!

引用:ワンピース・尾田栄一郎

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG