ボニーの病気「青玉鱗(せいぎょくりん)」はDr.ベガパンクが治療!【ワンピース1099話ネタバレ考察】

こんにちは、今回はワンピース1099話で明らかになった、ボニーの病気である青玉鱗、そしてその治療法のカギを握っているDr.ベガパンクについて考察していきます。

↓1099話のネタバレ考察はこちらからご覧ください。

ボニーの病気「青玉鱗(せいぎょくりん)」ってどんな病気?不治の病?

「青玉鱗」とは、、やがて全身の皮膚が青く石化していくという進行性の難病として描かれています。
青玉鱗は太陽や自然の光に当たる事で青い石のようなものが皮膚に広がっていき、やがて死に至るという現代の医療では未知の病として扱われていました。
1098話において、ジニーが天竜人の元からこの病気になったことによって捨てられてしまい、結果としてボニーをソルベ王国に届ける為に進んでしまい、病気が進行し、死亡してしまいました。
そして娘だと思われるボニー自身も青い鱗が発生しており、太陽光に当たらない生活をしたとしても5年程度で死に至るような危険な病気だという事が分かりました。

くまはそんなボニーを救うために、世界各地を回り、ボニーの治療の手掛かりを探しました。
しかしなかなか手掛かりは見つからず苦戦していたのですが、革命軍のドラゴンからある人物を紹介されました、それこそがちょうどとある事故で世界政府からの警備や監視が薄くなっていたDr.ベガパンクでした。
そんなベガパンクに会いに行き、ボニーの治療の手掛かりを探しに行きました。

ボニーは天竜人とジニーの子供?そして未知の病「青玉鱗」発症【ワンピース考察】

青玉鱗(せいぎょくりん)はDr.ベガパンクが治療!

そんななか、1099話ついにボニーの病気を治す手がかりを発見しました。
Dr.ベガパンクによると、青玉鱗の治療法は、まだ世の中には広まっていない治療法であり、具体的には「新しい幹細胞」を作り、移植すること、つまり青玉鱗の細胞を取り除き、新たな皮膚を移植することで、この病気は直せるとのことでした。

ただサイボーグを作る手間と費用が同等だと考えると、それは皮膚を取り出すだけのシンプルな話ではなく、青玉鱗の発症する可能性のある組織をまとめて取り換えるほどの大掛かりな手術が必要だとも予想できます。

成長したボニーは目の下の青玉鱗があった場所にピアスをしていることから、この場所が手術した場所であり、思ったほど大きな範囲での手術ではないのかもしれませんが、そもそもの幹細胞の複製自体がかなり行動な技術である可能性もある為、そこに技術力と費用が掛かるという意味なのかもしれません。
そう考えると今後幹細胞を作る技術が発展すれば、青玉鱗自体は簡単に治すことのできる病気になるのかもしれませんね。

ジュエリー・ボニーの名前の由来は「青玉鱗(せいぎょくりん)」未知の青い宝石の病からくまとの思い出に【ワンピース考察】

まとめ「ボニーの病気「青玉鱗(せいぎょくりん)」はDr.ベガパンクが治療!」【ワンピース1099話ネタバレ考察】

『ワンピース』1099話で明らかになったボニーの病気「青玉鱗」は、全身の皮膚が青く石化する進行性の難病です。
この病気は太陽光によって悪化し、現代医療では未知の病とされています。ボニーはこの病気により、太陽光を避けても5年で死に至る危険性があることが判明しました。
救いを求め、くまはDr.ベガパンクのもとへ向かい、青玉鱗の治療法を探求します。ベガパンクは「新しい幹細胞」の移植により治療可能と説明し、これは青玉鱗の細胞を取り除き新たな皮膚を移植することで実現可能であると述べています。
しかし、この治療はサイボーグ製造に匹敵する手間と費用がかかる大掛かりな手術を必要とする可能性があります。幹細胞技術の進歩により、将来的には青玉鱗が容易に治療できる病気になるかもしれません。

他にもワンピースの考察や最新情報をまとめておりますので是非ご覧ください!

引用:ワンピース・尾田栄一郎

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG