【ワンピース1102話ネタバレ考察】「くまの人生」ボニー海賊団バーソロミュー・くまの捜索、麦わらの一味とのシャボンディ諸島での接触、ルフィのニカとしての未来、そしてくまの最後の人生

こんにちは、今回はワンピース1102話のネタバレを紹介していきたいと思います!
前話では、くまがボニーの病気治療のために自己の自我を犠牲にし、王下七武海としての活動を開始します。
ルフィの若き日の修業やドラゴンとの関係も描かれ、くまの優しい海賊行動、ボニーとの手紙のやり取り、そしてベガパンクによるくまの改造が進行します。
ボニーの病気治療と彼女の新たな旅立ちが描かれ、彼女とくまの再会への期待が高まっていました。

そして1102話、ボニーにが出向しそして海賊として最悪の世代と呼ばれるまで、そして熊との再会に向けた日々から物語は開始します。

↓前話1101話のネタバレ考察はこちらからご覧ください。

【ワンピース1101話ネタバレ考察】「ボニーへ」ボニーのニカ化!?くまの手紙、アルファが手紙を・・・ルフィのゴムゴムのオノ(戦斧)の誕生秘話!そしてボニー海賊へ

ボニー海賊団の冒険、海賊としての決意、そしてくまとの再会に向けて

ボニー海賊団は、くまの目撃情報を嗅ぎつけては、くまに合うために島を目指し旅を続けています。
ボニー海賊団は海軍全体にも捕獲する命令、つまり指名手配されている海賊団であり、海軍でのうわさでは、

ボニー海賊団が通った後には「傷ついた老人や子供が転がっている」

と言う噂がされていました。

これはボニーが子供や老人を倒しまくるような鬼畜外道と言うわけではなく、トシトシの実で、戦った相手を子供や老人に変えてしまい弱体化させていることからこのうわさが流れていました。
戦った海軍も元々は人間の屑だとボニーに対して挑みますが、直後老人や子供に変身させられてしまい驚いています。

ジュエリー・ボニーの能力は「トシトシの実」確定!年齢自在人間はどんな能力?【ワンピース考察】

そして、くまがいる場所に向けて一直線に向かうのですが、くま自身は海軍との約束により記憶や自我を失うまでボニーとの接触を禁じられており、会うわけにはいかないんだとニキュニキュの実の能力で逃げ回っていました。

そんなことを知らずボニー海賊団は何でいないんだと焦りながらふねでかくちをめgっていきます。

そしてボニーにはもう一つの目的である「ニカ」も探していました。
父であるバーソロミュー・くまがニカについて多くを語ってきており、そんなお父さんにニカの居場所を教えることで喜んでもらいたいとボニーたちは語ります。

そして一方ニカ、つまりゴムゴムの実の能力者であるがまだニカとして覚醒はしていないルフィの現在に写ります。

ルフィ3千万ベリーの賞金首、魚人等のアーロン一味を撃破し頭角を現す

一方ルフィはその当時、東の海イーストブルーにて魚人海賊団であるアーロン一味を撃破したことで「麦わらのルフィ」として頭角を現していました。

そしてその情報は、多くの人物に伝わります。

ゴムゴムのオノ(戦斧)の真の意味が判明!仲間を守るためのルフィの必殺技!【ワンピース考察】

まずは革命軍ドラゴンは当時ルフィが向かおうとしていたローグタウンではスモーカー大佐の縄張りであることをサボとの会話で確認しています。
その後スモーカーの情報を知ったドラゴンは現状のルフィでは対処できないであろうと理解し、ローグタウンに向かったのだと考えられます。

モンキー・D・ドラゴンの能力を予想・考察

一方ジンベエとエースは、アーロン一味を倒したのは弟だと話すエースに対して、ジンベエはとても驚いていました。

そしてくまは、過去にドラゴンの息子がルフィであるという情報を聞いており、我が子が海賊になる親同士であり、しみじみと手配書を眺めていました。

ボニー海賊団の掟・そして顔のピアスを付けている理由

そして再度ボニーの現状に戻ります。

ボニーたちは海賊らしくある為の鉄の掟を決めました。

・欲しいものは奪い取れ(悪者から)

・人助けはするな(なるべく)

と言う様にあくまで海賊らしくしようとしてるのですが、根の優しさが溢れてしまい、結局はこの掟を守れず優しい活動が多くなっていそうですね。

ボニーがピアスを付けている理由は?お父さんバーソロミュー・くまに・・・【ワンピース1102話ネタバレ考察】

バーソロミューくまと、Dr.ベガパンクのパシフィスタ製造、そしてスリラーバークでの麦わらの一味との出会い

一方新世界エッグヘッド、ここではついに、Dr.ベガパンクはパシフィスタの製造、そして、サテライトがおおむね純情に進んでいました。
そしてくまの改造も順調に進んでいました。

そんな中「世界政府に対して宣戦布告をした小僧がいる」と言う話について、Dr.ベガパンクは話し始めました。
くまはその小僧の正体がルフィであり、ドラゴンの息子であることをベガパンクに伝えます。

そしてそのルフィはゴムの能力で政府には向かう男であり、くまのあこがれているニカと特徴が一致していました。
この時点でくまはルフィの事をニカに近い存在だと意識していたのかもしれませんね。

そして偉大なる航路グランドラインのスリラーバークにて、くまは政府によって、ルフィの首を出すことを条件に麦わらの一味の抹殺を取り消すという様に交渉します。
それを断った一味に対して熊の一撃(ウルスズショック)を放ちました。

スリラーバークの将軍ゾンビはロックス海賊団?ゴッドバレーはスリラーバークだった?【ワンピース(ONE PIECE)考察】

そして、麦わらの一味は壊滅していき、意識を保っていたゾロは自身の命を賭して、ルフィ達を助けるために交渉をします。
ルフィが海賊王になると信じている強い意思を理解し、くまはニキュニキュの実の能力に寄ってルフィの痛みをゾロに受けさせることを選びます。
当時のくまもこの痛みは「自分でさえも気を失うかも」というほどの痛みであり、かなり大きなダメージをゾロに与えることは分かっていたようです。

バーソロミュー・くまのニキュニキュの実の真の能力がやば過ぎる、ゾロの名シーンには理由があった【ワンピース1097話考察】

そしてそんな試練を乗り越えたのを見たくまは、いい仲間を持った、さすがドラゴンの息子だと、麦わらの一味らも認めていました。

シャボンディ諸島での戦い、エースの公開処刑と白髭との戦争の確定

一方シャボンディ諸島、ポートガス・D・エースの公開処刑が確定し、その場に王下七武海の強制招集がかかりました。
そこでは白髭海賊団との戦争が当時から予想されていました。

一方シャボンディ諸島では、肉やピザを楽しそうに食べるボニー、そして巨体のママ窓からのぞくくま、周りからは明らかに目立ってしまう姿なのですが、ボニーたちは全く気が付いていませんでした。
そんな幸せそうな表情を見て、くまも幸せそうです。
その時「天竜美をを海賊が手に掛けた」と言う情報が広まります。

ボニー海賊団の冒険!バーソロミュー・くま捜索の旅、海賊としての信念【ワンピース1102話ネタバレ考察】

海軍本部から軍艦が来るほどの世界のタブー、そして自殺行為、その実行犯の正体を確かめるためにくまは人身売買上に向かいます。

そこには、魚人等を庇い、そして天竜人を殴ったとみられる麦わらの一味達の姿が。

天竜人を殴る事件はここ何百年も行われなかった事件であり、そんな姿を見たくまは計画を練り直します。

王下七武海として、麦わらの一味を次々と消していき、そして最後にはルフィをニキュニキュの実の能力で吹き飛ばしてしまいます。
「仲間1人も救えない」と叫ぶルフィに対して、無言でそのニキュニキュの実の能力の手を近づけていきます。

くまは、そんなルフィ達に対して希望を見出していました。

「おれがこの世に生きた証はひっそりと残していく、ボニー、そしてこの少年たちの未来の中に」

「これが新世界のレベルであり、まだ早い、お前はいつか世界を救う男だ」

そんな思いを胸に、無言でルフィを飛ばすのでした。

消えゆく自身の自我を理解しながら、先の長い未来を託し、くまは政府に逆らいました。

バーソロミュー・くまの最後の改造手術、Dr.ベガパンクの涙、そして永遠の別れ

そして希望をボニーとルフィ達に託したくまは、最後の改造手術を受けます。

ジェイガルシアサターン聖はそんなくまに対して自爆スイッチをつけろと指令し実行させようとします。
一方Dr.ベガパンクは最後の抵抗として、人格の切り替えを提案します。
しかし五老星であるサターン聖の言葉は絶対です、自爆機能を実装させルことを確定し、人格の切り替えを拒否します。
つまりただの兵器として完全に人格を失わせる様に指令を行いました。

科学者であるサターン聖には嘘をつくことも難しいです、そんなことを理解しながらくまの元に最後の手術を行いに行きます。

くまはそんなサターン聖とベガパンクの会話を聞いており、自分のために最後まで戦ってくれたベガパンクに対して感謝をしつつ、自分の最後を受け入れます。
最後の手術のさなかくまは一つプログラムを入れてもらう事を提案します。

「麦わらの一味の船を船員が一人変えるまで守る」

そんな最後の指令をプログラムすることを頼みました。

ニカは伝説の中の人物である中、過去にニカについて信じてきたくまにとっては、解放のリズムに乗って人々を笑顔にするヒーローは「ルフィ」なんだと、そんな気持ちが芽生えていました。

革命軍であるくまが、海賊であるルフィに懸けるという矛盾だが、そんな矛盾こそが人間の証であるとベガパンクも納得し最後にくまに対して一つの約束を果たさせます。

それは「くまの記憶の具現化」です。

バーソロミュー・くまの悪魔の実の能力が判明!魂や記憶を具現化する?

くまは最後に自身の記憶のコピーを具現化し、ベガパンクに託します。

熊の父母との思い出、そして奴隷生活、イワンコフとの出会い、ジニーとの出会い、そして革命軍への加入、ソルベ王国での日々、ジニーとの日々、ボニーとの生活、ベガパンクとの友情、そんなくまの人生を振り返りながら、どれだけ迷惑をかけただろうと思いだしていきます。

「お前を愛した人間の数だけ、お前の死は迷惑である!!!」

「ええか、くまお前こそヒーローじゃ!!ボニーの!!みんなの!!」

そんなセリフを伝えながら、苦しそうに、泣きながら最後の記憶と自我を消すスイッチを下ろしていきます。

「ボニーを救ってくれてありがとう、ボニーに会ったらこう伝えてくれないか」

「10歳の誕生日おめでとう」

そして現在、そんなくまの最後の記憶、そして最後の言葉を受け取ったボニーはその深い愛情を知り号泣します。

まとめ【ワンピース1102話ネタバレ考察】「くまの人生」ボニー海賊団バーソロミュー・くまの捜索、麦わらの一味とのシャボンディ諸島での接触、ルフィのニカとしての未来、そしてくまの最後の人生

ワンピース1102話では、ボニー海賊団がくまとの再会を目指し、海軍との戦いを繰り広げます。
ボニーの特殊能力による戦術や、彼女の父であるくまの過去とルフィとの関連が描かれます。一方、くまは自己の自我を犠牲にし、最後の改造手術を受けることに。
彼の最後の願いは、ボニーが病で迎えられない可能性のあった10歳の誕生日へのお祝いの言葉でした。
ボニーは父の深い愛情を知り、感動の涙を流します。この話は、親子の絆と海賊たちの冒険を描いた感動的なエピソードですね。

くまが自我を失う前にボニーと会う事は敵わずでした、しかしその思い、そして愛情は時間を超えて未来のボニーへと届けることが出来ました。
現状パシフィスタとして暴走するくまはエッグヘッドへ向かっている可能性が高いです、これからボニーとくまはどのような結末を迎えるのでしょうか。

幸せな未来が来てほしいと願いつつ、サターン聖の取り付けた約束である「くまの自爆スイッチ」がとても気がかりです、ボニーとくま、そしてできればジニーの幸せな未来が早く描かれることを願います。

他にもワンピースの考察や最新情報をまとめておりますので是非ご覧ください!

↓次回1103話のネタバレはこちら!

引用:ワンピース・尾田栄一郎

>ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ワンピース最新情報&徹底考察 ー いちどり

ONE PIECE(ワンピース)の最新情報や、展開から徹底的に考察をしたり、意見をまとめているサイトです。 ワンピース好きの方、ルフィ・シャンクス・ゾロなどキャラクターについて深く知りたい方など楽しんで見れるようなサイトを目指しておりますので、ご意見ご感想ありましたらどしどし下さい!

CTR IMG